物件を決めたら

賃貸物件を決めた後にやるべきこと

賃貸物件が決まったら、入居日までにやることが沢山あります。まず最初にやらなければいけないことは不動産仲介会社との契約です。契約書には様々なルールが記載されていますので、面倒でもしっかり読んでおくことが必要です。物件によってかかる費用や契約内容が違う場合がありますので注意しましょう。また、入居審査があることが殆どですので、保証人などを求められた際にあらかじめ保証人になる人にお願いしておくことが必要です。 無事審査を通過して、契約内容を確認したら必要な書類に捺印し、お金を振込んで入金完了したら鍵を渡してもらえます。入居前に一度は足を運んで部屋の間取りなどを再度チェックしておくと引越しの荷物搬入時に効率よく作業ができます。

引越しの準備は計画的に

次に入居に向けて様々な準備が必要です。引越し、電力会社、ガス会社、水道などの手続き、郵便局への住所変更届けなどです。段取りよく作業していかないとあっという間に時間がたってしまいます。 引越しについては引越し会社の選定をしておきましょう。インターネットで見積もりを複数社にとってみるなどすると、短時間で効率良く決定できますのでお勧めです。引越しが多い時期は込み合っていることもあるので、早めに選定しておくことが必要です。次に引越し日が決まったら、電気、ガス、水道の手続きを行いましょう。こちらも引越し日が決まったら同時に申込をしておくと効率が良いです。できれば、光熱費などの申込と同時期に郵便局で住所変更をしておくと郵便物の誤配を防ぐことができます。